· 

第一印象を変える専門家 仲澤佳子式「自宅でリラックスするための照明の色の選び方」

みなさんは、「おうちでリラックス」できていますか?

実は、照明の色を変えるだけでリラックス効果がアップします。

 

今回は、リラックスするための照明の選び方をご紹介します。

 

<<<目次>>>

●色温度ってなに?

●電球色のおすすめ

●直接照明と間接照明


●色温度ってなに?

同じ電球でも、黄みがかってみえるものと、青白くみえるものとありますよね。

 

その光の色を数値で表すことができます。

それが、色温度です。単位はK(ケルビン)です。

 

例えば、

 

自然光である晴天の青空は、10,000K以上。

地上から見た天頂の満月は、約4,000K

 

また、

 

人工の光である電球をKで表示すると、

蛍光ランプ(昼光色)は、約5,0006,000K

白熱電球(電球色)は、約2,800K

ろうそくの火は、約2,000K

 

色温度が低いほど光の色は赤みを帯び、

色温度が高くなるほど、青白い光になります。

 

ろうそくの火とガスコンロの火を思い浮かべてください。

ガスコンロの火の方が青白いですよね。

 

ですので、温度が高いのはガスコンロの火です。

●電球色のおすすめ

実は、照明の色によって私たちは感じ方が違います。

 

人工の光、蛍光ランプは、大きく分けて4つあります。

色温度の高い順に、昼光色、昼白色、白色、電球色です。

 

なかでも、リラックス効果が期待できる色は電球色です。赤みを帯びた温かい色ですね。

 

さらに、明るさを少なくすることで、落ち着いた空間を演出できます。

 

逆に、

 

 

明るすぎる光(色)や、光の面積が大きすぎると、脳に刺激を与えリラックス効果は期待できません。

●直接照明と間接照明

言葉通り直接光が当たる照明と、当たらない間接照明があります。

 

リラックス効果が期待できるのは間接照明です。

 

 

特に、睡眠時は、光が直接目に当たらないデザインを選ぶといいでしょう。


◆◇◆まとめ◆◇◆

部屋の照明の色は、大事です。

最近では、昼白色から電球色まで切り替えのできる照明もあります。用途によって切り替えられるのは便利ですね。

 

 

寝るときは、就寝前からメインの照明のあかりをおとして、間接照明などで程よい光にした状態で床につくと、スーッと眠りにつけますよ。