· 

第一印象を良くする!小顔の魅せ方(まとめ)

「小顔になりた~い」

と思っている人は多いでしょう。

 

メイクで小顔になれるなら・・・

一般的には、

シェーディングやハイライトを活用します。

 

小顔メイクで、効果的なのは、

 

シェーディングです。

余分な場所を影にしてしまえば

いいのです。

 

でも

 

それって意外に難しいです。

 

シェーディングが悪目立ちすると、

デーモン小暮(古い(笑))のように

なってしまうから。

 

 

今回は、パーツメイクで小顔メイク。

 

色と錯覚を利用します。

 

 <<<目次>>>

●小顔に魅せるテクニックその1

 「色編」

 

●小顔に魅せるテクニックその2

 「錯覚」


●小顔に魅せるテクニックその1「色編」

膨張色をうまく使う。

 

■唇メイク

 

 ほんのりピンクのグロス

 ↓

 ぷっくり唇

 ↓

 唇が大きく見える

 ↓

 顔の余白が狭くみえる

 (鼻と唇の余白が狭くなる)

 ↓

 小顔効果へ

 

 ただし、

 イエローアンダートーンの人は、

 オレンジ系、サーモンピンクが

 オススメ。

 

 1~2㎜厚めに描くと効果UP⤴

 唇の山は、丸い輪郭にすると、

 ボリューム感も出せます。

 

 ■ベースメイク(ファンデーション)

 

 顔全体には塗りません。

 

 頬骨・眉間・鼻筋を含む

 顔の中心を塗ります。

 

 ファンデーションを塗らない所を

 つくることで、メリハリ感がでる。

 自然な影ができシェーディング効果。

 

 

■アイメイク

 

 目と眉の間が広いと・・・

 締まりがなく間延びして見えます。

 

 アイシャドウを

 少し広めに入れて、ぼかす。

 

 アイラインは、

 まつ毛の間を埋める感じで、

 目尻を1㎜伸ばす。 

 

 

 下まぶたにも、アイシャドウを

 入れると、頬の位置が上がります。

 

 色は、肌なじみのいい色、

 ベージュ系、浮かない淡色系、

 パール系などがオススメです。

●小顔に魅せるテクニックその2「錯覚」

小顔に魅せるテクニックは、

 

顔の中心が出ているように魅せる

ことです。

 

ツヤと立体感を意識すると、

目の錯覚で、小顔にみせることもできます。

 

 

■眉メイク

 

 太めの眉で、

 少し長めに描いてみましょう。

 

  横顔の余白を埋める効果ありです。

 

 ただし、

 

 遠心顔の人は、

 太め、短めのしっかり眉を演出。

 

  瞳に対して、眉の長さが長ければ長いほど、

 瞳が小さく見える錯覚を起こします。

 

 眉で印象がガラリと変わります。

 丁寧に、イメージをもって描きましょう。

 

 

■チーク

 

 位置は、中央寄りで逆三角形に

 ぼかすと、立体感がでます。

 

 色は、

 パーソナルカラーを取り入れて。

 

 ブルーアンダートーンの人は、

 ピンク系。

 イエローアンダートーンの人は、

 オレンジ系、ベージュ系が

 オススメです。

 

 チークの位置は、

 「ニッ!」と笑ったときの頬骨が目安といいます。

 ですが、年齢とともにすべてが下がり気味になります。

 意識的に、少し高い位置に演出することも大切です。


◆◇◆まとめ◆◇◆

 

小顔効果につながるパーソナルカラーは、顔周りに配色しましょう。

逆に、NGカラーを顔周りに持ってくると、顎のラインはぼやけて見え、シャープに見えません。自分に似合う色を、どこに配色するのか?で見える効果も変わります。

まずは、いろいろなパターンで確認してみるのも面白いですよ。