· 

第一印象を良くするための「足を細く見せるファッションや色の使い方」があれば教えてください

下半身は脂肪がつきやすく落ちにくい。

下半身にコンプレックスを持っている人は多いです。

でも、ちょっとしたことで、見た目が変わります。

今回は、足を細く見せるファッションや色の使い方をご紹介します。

 

<<<目次>>>

●スカートは丈が大事

●パンツスタイルは縦ラインと脚のくびれ

●靴もファッションの一部

●全体のシルエット

●黒は実は痩せて見えない!?

 

●収縮色と膨張色


●スカートは丈が大事

スカートはまず、丈に注目です。

・ミニスカート

・膝上

・膝丈

・ミディ丈

・マキシ丈

など、さまざまですね。

 

気をつけたい丈は・・・

 

膝上丈です。膝は出さない方がいいでしょう。

 

そして、

 

ミディ丈も注意です。ちょうどふくらはぎの太い所できれているスカートは、避けましょう。

ふくらはぎが強調されてしまうからです。

 

おすすめの丈は、マキシ丈。

 

 

足を魅せたくなくて、ロング丈を選ぶ人もいますが、重心が下にさがる分重く見えてしまう恐れもあります。素材は軽やかな動きのあるものを選びましょう。

●パンツスタイルは縦ラインと脚のくびれ

・おすすめはワイドパンツ。

脚全体をカバーしてくれるので嬉しいですね。

 

さらに、

 

・ハイウエストタイプのものは、脚長効果もあります。

 

・プリーツスタイルや、センターラインの入ったパンツも、脚を細く見せる効果ありです。

 

また、

 

・クロップドパンツもおすすめです。

 

ポイントは「丈」!

 

8分丈、または、9分丈のもの。

 

ポイントは、「足首」を魅せること。

 

足首が見えることで、脚にもくびれが生まれます。

 

足首は華奢なイメージを与える効果もあります。

 

同じように、ロールアップをするスタイルは、脚をスッキリ魅せてくれます。

 

 

ぜひ、すべてを隠すのは避けたいですね。

●靴もファッションの一部

意外に大切なのが靴です。

 

ヒールタイプ

厚底タイプ

などは、脚長効果と、スッキリ魅せてくれます。

 

また、靴の色は、洋服の一部と合わせるとオシャレです。

 

 

特に、スカートやパンツと色を合わせると、全体のバランスも良く、脚長効果も期待できます。

●全体のシルエット

ファッションは全体のシルエットも大切です。

 

Iライン・・・ファッションどこかに縦のラインを感じる。上下のボリューム感が同等。

 

Yライン・・・上半身にボリューム感をもたせ、下半身はスッキリスタイル。

 

Aライン・・・フレアスカートなどで末広がりのシルエット

 

全体のシルエットを考えながらコーディネートをすると、まとまります。

 

 

シルエットが整っていると、脚の太さなどもカバーできますよ。

●黒は実は痩せて見えない?

よく、黒は痩せて見えると多用する方が多いです。

 

例えば、全身黒のワンピースのマツコさんと、優しいパステルカラーを着ているときのマツコさん。

どのように感じますか?

 

黒一色のマツコさん、ドーーーンと威圧感を感じませんか?

 

確かに黒は暗く締まって見えそうですが、同時に、重さも感じます。

重厚感や威圧感も与えてしまう恐れもあります。痩せては見えないです。

 

黒は、ファッションの配色の一部として活用することがおすすめ。

 

例えば、ボトムスに黒を持ってくるなど。

また、

 

 

黒のワンピースには、ショールや、ロングカーディガンを羽織るなどすると、Iラインが生まれて、その縦ラインが細く見せてくれるのです。

●収縮色と膨張色

色には実際より大きく見える膨張色があります。

 

それは、白や、パステルカラーなど明るい色です。

 

逆に、小さく見える色を収縮色といいます。

 

例えば、ネイビー、ボルドー、暗いピンク、深緑など、明度の低い、暗い色です。

 

色の効果を考えると、

 

足を痩せて見せたい場合は、下半身に暗い色を活用したいですね。


◇◇◇◇まとめ◇◇◇◇

 

ファッションスタイルは、トータルバランスが大切です。

 

見せたくない所があれば、それ以外のところにインパクトのあるもの活用し、目をそらすこともコツです。

 

 

バッグなど、小物もうまく活用しましょう。