· 

若返りピンク

ピンク効果


今日のテーマは、
【若返りピンク】
です。



日本人は、こげ茶色、灰色、黒などを上手に着こなすと、

シブイ! イキ!

などと評価してしまう。


その昔
江戸時代、

庶民の贅沢(奢侈)を禁止するために、派手な染物や高価な織物が奢侈禁止令で制限、


その結果、
茶色や灰色のバリエーションが増えて、「いき」の美学が生まれました。


その名残りなのかな・・・



でも!

こうした配色ばかりだと老けるのが早まります!!



色彩は光そのもの

太陽光線は、種々のホルモン分泌を活性化

こげ茶、灰色、黒

体に有効な太陽光線を吸収してしまう

体内にまで届かない
(
活性化薄れる)


例えば、


トマトの実験
知っていますか?。。。。。

熟していない緑のトマトを採って、

1
つ目は白い布地
2
つ目は赤い布地
3
つ目は黒い布地
を被せ、

日光の当たるところに置いたら?

どうなる?


白い布地のトマトは、通常通り完熟。

赤い布地のトマトは、発酵するほどに完熟。

黒の布地のトマトは、まったく熟さず、緑のまましぼんでいた。

という実験結果があります。。。


話、戻ります。

では、

若返りに何色が一番効果的なの?


それがピンクです。


ピンクをさらに積極的に活用するものに、
色彩呼吸法があります。


まずピンクの色を思い浮かべる(ピンク色を見てもいい)

ピンクの空気を吸い込んでるイメージで空気を吸い込む

口からゆっくり吐き出す

この深呼吸を23回繰り返す

”私の肌はなめらかになる”
などと言葉にする、または、心に描く。

目が覚めた時、寝る前、日中、1日3回。


実験では、半年以上で効果が現れて、健康も増進し、自分が美しく見えはじめ、しわやたるみが消えたそうです(驚!)


ともあれ、


身近にピンク色のものを置いておくだけでもいいと思います。


ちなみに、私は、
鏡台に
ピンク色のアロマフラワー
を置いてあります()


たかが色、されど色。


是非、お試しくださいね。




編集後期◆◆◆

ウィンターセールもそろそろ終わり、いよいよ、春物のファッションが出てくるでしょう。

シーズンの変わり時は、ワクワクしますね。
楽しみです。

まだまだ寒い日もありますので、体調管理に気をつけましょう。