· 

必見!パーソナルカラー診断を活かした自分を磨くポイント(まとめ)

日頃、どんなおしゃれをしても、

「なんとなく似合わない」

「雰囲気と違う」

「なぜかしっくりこない」

などと思ったことはありますか?

あるいは、人に対して

そう思ったことはありますか?

 

「似合う色」とは、「好きな色」

のことではなく、

その人の顔の表情や、

全体の雰囲気に、生き生きとして

輝きを与えてくれる色です。

それを「色自分」すなわち、

「パーソナルカラー」と呼びます。

そして、その色は、その人の

持って生まれた髪や瞳や肌の色と

大きな関わりがあります。

 

パーソナルカラーは、

すべて色を、青みを感じるか?

黄みを感じるか?に分ける

ブルーアンダートーンと

イエローアンダートーンという

考え方を基にしています。

同じアンダートーンの色同士は

美しく調和します。

 

パーソナルカラーはこの考えを基に、

四季になぞらえて、

「スプリング(春)」

「サマー(夏)」

 「オータム(秋)」

「ウィンター(冬)」

の4つのシーズンに分けました。

 

第一印象は5秒で決まる!

と言われています。

しかも、まず、相手の顔を

見ますよね。

その顔色は、洋服の色で、

輝いて見えたり、元気なく見えたり

します。

 

似合う服と好きな服は一緒とは限りません。

第一印象の良いファッションは、

人から見て、その人自身のキャラクターを

引き出しくれます。

人がどう見るかは、

自分では決められません。

決められるのは、

自分をどう見せるかだけです。

パーソナルカラーは、

あなたの魅力を引き出す

最短の近道なのです。

 

<<<目次>>>

●ファッションに活かす

●メイクに活かす


●ファッションに活かす

 自分のベストカラーとNGカラーを知る

パーソナルカラー診断を基本に、
自分の今のベストカラーとNGカラーを知ることは大切です。
なぜなら、年齢ともに変化するからです。

例えば、「スプリング」にも
ピンク系、ブルー系、グリーン系など、
さまざまな色があります。

今の自分を魅力的に魅せてくれる色がベストカラーです。

ベストカラーは、顔周りに活用。
NG
カラーは、極力、顔から遠ざけるのがポイントです。


 似合うデザインや素材を知る

パーソナルシーズン別に似合うものを知って、コーディネートに活用しましょう。

【スプリング】

 
・リボン、花、フリルなど軽やかなデザイン
・かっちりスーツよりジャケットとスカートタイプ
・曲線的で可愛いいデザイン
・気取りのないカジュアルデザイン
・レース、オーガンジーなど薄手で柔らかい素材
・ウール、綿素材も軽い素材で。


【サマー】

・上品なデザイン
・きちんと感のなかにも、流れるようなフォルム
・テーラードスーツもオススメ
・シンプルで飽きの来ないデザイン
・フレアスカートや、ドレープのある乙女チックなデザイン
・タイトスカート、パンツスタイルもシンプルデザインで。
・シルク、カシミア、シフォンなど流れるような素材
・柄よりも、上質な素材感のある素材がオススメ


【オータム】

・ナチュラルスタイル
・凝ったデザインの服
・飾りのあまりないオーソドックスなスタイル
・大柄や大胆なプリントの服
・綿、麻、ウール、スエードなどの自然素材
・ヒョウ柄やペーズリー模様、タータンチェック柄


【ウィンター】

・個性的で大胆なデザイン
・鮮やかな色彩
・フォーマルスーツ
・ストレートなラインスタイル
・メンズライクなデザイン
・軽さ、薄さのあまりない素材
・厚手のサテンや厚みのあるウール素材
・光沢のあるサテン素材

●メイクに活かす

メイクなしとメイクありを

比べると、メイクありのほうが魅力的

に見えるという実験結果があります。

 

では、

 

どこにポイントをおくといいのでしょう?

 

実は、

 

「鼻」

 

です。

 

美容整形で鼻筋を整えるなどと

聞きますよね。

 

鼻が曲がっていると印象も悪くなります。

 

次に、

 

「唇」

 

です。

 

ノーメイクでもリップを塗るだけで

印象が良くなると言われています。

 

次に、

 

「眉」

 

です。

 

眉は人の表情も出やすいパーツです。

眉毛がゲジゲジだったら、清潔感は

感じませんよね。

 

そして、

 

「目」

 

です。

 

「目力」という言葉もありますね。

 

ただし、気をつけたいのは、

目の下のラインです。

 

人の顔はほとんどの方が左右対称では

ありません。

 

魅力度だけを考えると、

目の下ゾーンは、自信のない方は、

あまりメイクをしない方がいい場所とも

言われています。

 

「魅力的」 = 「健康的」 です。

 

パーソナルカラーは、

しわ、しみ、吹き出物などを目立たなくさせる効果もあります。

 

【スプリング】

 

肌は、繊細で透明感があり、黄みがかった

ベージュの肌としている方が多いです。

 

メイクは、くすみ色などは避けて、

透明感のある明るい健康的なメイクが

オススメです。

 

眉は、あまり強調せずに、ブラウン系で、

髪の毛の色と合わせましょう。

 

アイシャドウやチークも透明感を出す

色を選びたいです。

ブルーグレーなど、青みの強い色は

くすんで見えるので避けましょう。

 

口紅の色は、頬の色に合わせると自然な

健康的な印象になります。

澄んだ明るい赤やオレンジ系で

キュートな印象につなげると魅力アップです。

 

【サマー】

 

エレガントで上品な印象を持って

いますので、メイクでその雰囲気を

大切にしたいです。

 

ピンク系や

パステルカラーが似合います。

 

強い色やオレンジ系の色は、

魅力半減の色なので気をつけましょう。

 

気をつけたいポイントは、

ファンデーションです。

 

日本人は黄色人種ということで

案外、オークル系を使用している方が

多いです。

サマーの方がオークル系を塗ると、くすむ

可能性があります。

イエローベージュより、ピンクベージュ。

ローズベージュがオススメです。

 

眉は、グレー系、ダークブラウン系で

優しい仕上がりに。

 

チークカラーと、リップカラーは、

頬の色に合わせるといいでしょう。

 

全体的に優しい色でまとめると

女性らしさがアップするでしょう。

 

 

【オータム】

 

落ち着いた印象をもっています。

 

メイクは、混色で色に深みを出すと、

落ち着いた色でのグラデーションが

魅力を引き出してくれるでしょう。

 

アースカラーを活用するのもおすすめ

です。

 

眉はダークブラウン系で自然な仕上がりに。

 

アイシャドウは、落ち着いたグリーンや、

ブラウン系でまとめると、知的な印象に。

 

もともと頬に赤みの少ない方が多いので

チークカラーは、唇の色に合わせて

ナチュラルに仕上げましょう。

 

気をつけたい色は、

パステルカラーです。

 

本来持っている魅力を半減させて

しまう恐れもあるので避けた方が

無難かもしれません。

 

 

【ウィンター】

 

肌の色が、非常に白いか、少しダークな色

みを持った方が多いです。

 

目の虹彩と青みがかった白目との

コントラストが印象的ですので、

アイシャドウは、目元のコントラスト

に合わせて、グレーや青系を選ぶと、

シャープな印象を演出できます。

 

また、チークカラーは、唇の色と

合わせるといいでしょう。

 

個性的な魅力をもっていますので、

大胆な色使いも似合います。

 

眉は、ブラック、グレー系がオススメ。

 

 

口紅の色は、鮮やかな色が似合います。

TPOに応じて、鮮やかさは加減しましょう。

●パーソナルカラー応用編

自分色を知ったら、活用しましょう。
アレンジしてみましょう。
つまり、応用編です。

まず、4シーズンのイメージを
簡単に確認します。

これが意外に大事。
自分のパーソナルカラーシーズンを
基本に、変化させるために


【スプリング】
キュート・アクティブ
カジュアル・陽気な・親しみやすい

【サマー】
ロマンチック・シンプル
クラシック・清楚・さわやか

【オータム】
ナチュラル・シック
ゴージャス・円熟・ワイルド

【ウィンター】
フォーマル・ドラマチック
モダン・ダンディ・理知的

そして、印象は、
ソフトな印象なのか?
ハードな印象なのか?

スプリングとサマーはどちらも、ソフトな印象。
サマーの方が落ち着いた感じです。

オータムとウィンターはどちらもハードな印象。
オータムの方が、落ち着いた感じで、
ウィンターは、華やかな感じです。

どうでしょう?何となくイメージが湧きましたか?
これを基に、ほかのシーズンにアレンジできます。



■自分色を基本にアレンジする3つのポイント

 

●イメージを変える

先ほどの4シーズンのイメージを基に変える。
例えば、

スプリングの人を、ウィンターにアレンジする場合。

キュートで陽気なイメージを、

モダンで理知的な印象へ変える。

●ファッションスタイルを変える

ワンピースを、スーツスタイルに変える

カジュアルをフェミニンスタイルに変えるなど、

洋服を変える。

●メイクを変える
パーソナルカラーを基本に、印象を変える。
メイクの色は、肌に直接つける色なので、
アイシャドウ、チークの色には
気を配りたいですね。
ポイントは、アンダートーンを合わせること。


例えば、
スプリングの人がウィンターにアレンジしたいとき。

洋服は、スプリングの苦手な「黒」の洋服を選ぶとします。

その際、メイクが重要です。
そのままでは、お葬式のようなイメージになってしまいます。

特に眉が大切。凛とした眉のラインを強調。
色は、ダークブラウンがおすすめ。
(黒は強すぎます。)
一番の変えどころは、目の印象です。

目元は、アイラインをひき、
しっかりとマスカラを塗り、
アイシャドウはブルー系にするなら、
黄みの感じるアクアブルーを。

 

口紅もしっかりと色みを強調。
つまり、メリハリのある配色を意識するといいでしょう。

ブルー系のカラコンを使用するとさらに変化するでしょう。


スプリングの人には、足りない
ハード感を取り入れることがコツです。

すると、不思議です。


外見、つまり、洋服やメイクを変えると、
内面にも影響するのです。

ですので、自分を変えるとき、
イメージを創り上げることが意外に重要です。

人間は感情の生き物です。
色彩心理学的にも、
色は気持ち(心)に無意識に何かを与えます。

 

パーソナルカラーを基にアレンジすることは、
新しい自分磨きにつながります。
ぜひ、自分のベストカラーを使って
TPOで、魅せ方をアレンジしてみましょう。


◆◇◆まとめ◆◇◆

 

自分の魅力を最大限に引き出すために、

自分のことを知ることも大切なことです。

 

自分のチャームポイントや、体型など

も踏まえてコーディネートすると、

さらに魅力もアップできるでしょう。

 

そして、やっぱりトータルバランスが重要。

色とデザイン、さらに、

小物、アクセサリーも含めて

パーソナルカラーシーズンに合わせると、

統一感がまして、魅力も引き出せるでしょう。

 

自分の色を知ると、自信がもててきます。

ぜひ、自分の魅せ方を楽しみましょう。